セミナー情報詳細

『産後の腹部・骨盤底機能不全に対する評価と運動戦略 ~恥骨筋・仙腸関節及び尿失禁について~』

2020年

621開催

田舎中真由美先生による

『産後の腹部・骨盤底機能不全に対する評価と運動戦略 ~恥骨筋・仙腸関節及び尿失禁について~』
セミナー開催

会場:東京オペラシティ28階

キャンセル待ち受付中

セミナー名

「産後の腹部・骨盤底機能不全に対する評価と運動戦略 ~恥骨筋・仙腸関節及び尿失禁について~」

日程

2020年6月21日(日)

開催時間

10:00〜16:00

途中休憩60分有り

会場

東京オペラシティ28階(東京都新宿区西新宿3丁目20−2 東京オペラシティ)

日本、東京都新宿区西新宿3丁目20−2 東京オペラシティ

定員

30名(先着)

講師

田舎中真由美先生

形式

座学・実技

備考・受講条件など

女性のデリケートな部分の触診技術が必要となります。
トレーナーの方が受講される場合はある程度の触診技術がある事を条件とします。
(触診技術を学ぶ勉強会に参加した事があるなど)

参加費

13,000円

お支払い方法

銀行振込

概要

現在産科医院において1か月検診時の褥婦の機能検診と運動指導を実施している。
903名の褥婦に対しての自記式問診による検査では分娩直後に何らかのマイナートラブルがあるものは87.5%、1か月検診時にも何らかのマイナートラブルが継続しているものは58.6%であった。
中でも上位を占める腰痛、骨盤痛、尾骨痛、便秘、尿失禁は骨盤機能の問題と考えられる。
そこで、今回は妊娠、出産が身体機能に及ぼす影響を確認するとともに、産後マイナートラブルとして遭遇することの多い、
運動器症状(恥骨痛、仙腸関節痛、尾骨痛)と骨盤底症状(尿失禁、骨盤臓器脱)に対する評価と運動指導を紹介する。

講師
プロフィール

田舎中真由美(たやなかまゆみ)
生年月日:昭和48年10月6日
所属:インターリハ株式会社 フィジオセンター事業部 勤務

学歴:
平成7年3月信州大学医療技術短期大学部理学療法学科卒業
平成12年3月保健衛生学士取得

職歴:
平成7年4月熱川温泉病院就職
平成10年9月米国にて尿失禁の理学療法の研修受講
10月~3月熱川温泉病院退職,非常勤勤務
10月~3月信州大学医療技術短期大学部理学療法学科非常勤研究員
平成11年4月インターリハ株式会社就職

教育・学術活動:
平成17・18・20・21・23年度日本理学療法士協会主催 介護予防研修会 失禁予防特論講師
文京学院大学にて選択科目:ウィメンズヘルス非常勤講師
骨盤底機能不全に対する評価とアプローチをテーマとして講習会講師として活動している

所属学会:日本理学療法士学会、日本女性骨盤底医学会、母性衛生学会、日本公衆衛生学会

●DVD
骨盤底筋群の機能不全に対する評価とアプローチ ジャパンライム、2016
オンデマンド
骨盤底筋群の機能不全に対する評価とアプローチ ジャパンライム、2018 1月より配信開始

●メディア
LDK with Baby 特別付:p16、32テストする女性誌がぶっちゃけて答える産前・産後の真実146, 2016
NHKBS1 「ランスマ」出演 2016
日経ヘルス11月号2017:p54 理学療法士に聞く 出産後、40代以降は女性にとって大切な体幹筋、骨盤底筋群を整えて!
マイエイジ11月1日号2017:p24-29 「骨盤底筋」の真実を二人のエキスパートが語りつくす!


TOP

TOP

メールマガジンご購読を希望される方は、
メールアドレスを入力し「送信」をクリックしてください。