セミナー情報詳細

『大腿骨遠位部骨折から考える膝関節の拘縮予防と改善』

2024年

824開催

松本正知先生による

『大腿骨遠位部骨折から考える膝関節の拘縮予防と改善』
セミナー開催

会場:埼玉会館6B会議室

お申し込み受付中

セミナー名

「大腿骨遠位部骨折から考える膝関節の拘縮予防と改善」

日程

2024年8月24日(土)〜8月25日(日)

開催時間

14:00〜19:00

2日目は9:30~15:30までとなります
(途中休憩60分有り)

会場

埼玉会館6B会議室(埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目1−4 埼玉会館)

日本、埼玉県さいたま市浦和区高砂3丁目1−4 埼玉会館

定員

20名(先着)

講師

松本正知先生

備考・受講条件など

大腿骨と脛骨の骨模型をお持ちであればご持参ください。また、膝関節周囲を露出来る服装でご参加ください。

参加費

30,000円

お支払い方法

銀行振込

概要

膝蓋骨を触ってみましょう。その内側と外側では、大腿骨の内側顆と外側顆、内側上顆と外側上顆を容易に触れることができます。また、その下の膝蓋腱の内側と外側では脛骨を触れることができます。さて、皮膚の上から骨を簡単に触ることはできますが、その間には皮下組織、大腿筋膜と腸脛靱帯、膝蓋肢帯、膝蓋骨と大腿骨や脛骨を結ぶ靱帯組織、膝蓋下脂肪体、関節包があり、その間には名前もない滑液包が存在します。そして、膝蓋骨より近位では、大きく分けて大腿四頭筋と膝蓋上嚢、hamstringsが大腿骨を覆っていて神経や脈管系が走行しています。膝は、みずみずしい層構造と形容できます。そのような膝関節において、可動域制限に難渋する骨折は、やはり大腿骨遠位部骨折です。一度、骨折にて炎症が波及するとこれらの層構造にどのような影響が起こるか容易に想像がつきます。

 「骨折には起こる順番があります。治療は、その逆から考えなさい。」大恩ある恩師の言葉です。まさにみずみずしい層構造を有する膝関節の可動域制限を考えるにふさわしい大切な考え方と思います。本講義では、初日に解剖学と運動学の復習と触診を行い、2日目に恩師の言葉に基づいた運動療法を、エコーとともに可視化し体験して頂きたいと思います。

講師
プロフィール

所属:早稲田大学大学院 スポーツ科学研究科 博士後期課程

桑名市総合医療センター リハビリテーション科 副室長 

 

【略歴】

平成元年3月 東邦大学 理学部化学科 卒業

平成元年4月 ヤマモリ 入社 工場管理課 配属

平成4年3月 同社 退社

平成4年4月 平成医療専門学院 理学療法学科 入学

平成7年3月 同校 卒業

平成7年4月 桑名市民病院 整形外科 リハビリテーション室 入職

平成24年(2012)4月 桑名西医療センタ- 整形外科 リハビリテーション室(病院名変更) 

平成26年(2014)4月 奈良県立医科大学大学院 修士課程 スポーツ医科学講座 入学

平成28年(2016)3月 同大学院卒業 医科学修士取得

平成30年(2018)5月 桑名市総合医療センタ- リハビリテーション科(病院名変更)

平成30年(2018)9月 早稲田大学 大学院スポーツ科学研究科 博士課程 入学

令和 5年(2023)4月 同病院 在職中、同大学院 在学中

 

【所属学会】

 整形外科リハビリテーション学会

 日本肩関節学会

 日本整形外科超音波学会

 日本足の外科学会

 

【教育歴】

中部リハビリテーション専門学校 非常勤講師

H26~H30.2.20   以上5年(5回)

 

【受賞歴】

 2022年度 秋季 濱野吉生記念褒賞 受賞

 

【競争的外部資金の獲得実績】

公益財団法人 テルモ生命科学振興財団 2022 年度 Ⅲ研究助成金

 

【論文】

・松本正知、他:超音波診断装置を用いた内側と外側縦アーチ評価の試み―評価器具の開発と信頼性の検討―:日整超会誌,第27巻 第1号:68-73,2015. 

・松本正知:膝関節-人工膝関節全置換術術後の屈曲可動域制限-:整形外科リハビリテーション学会誌,vol120:48-52,2018.

・松本正知、林典雄、熊井司:エコー所見から見たfasisaの病態.臨床スポーツ医学, vol37 No2:176-182, 2020.

・Maemichi T, Tsutsui T, Matsumoto M, Iizuka S, Torii S, Kumai T. The relationship of heel fat pad thickness with age and physiques in Japanese. Clin Biomech 2020;80:105110. doi: 10.1016/j.clinbiomech.2020.105110.

・Okunuki Takumi, Tanaka Hirofumi, Akuzawa Hiroshi, Yabiku Hiroki, Maemichi Toshihiro, Matsumoto Masatomo, Hoshiba Takuma, Kumai Tsukasa: Presence of adipose tissue along the posteromedial tibial border, J Exp Orthop, 20;8(1):92, 2021. s40634-021-00408-0

・Shota Ichikawa,Tsukasa Kumai, Takumi Okunuki, Toshihiro Maemichi, Masatomo Matsumoto, Hiroki Yabiku,Zijian Liu, Ryusei Yamaguchi, Arina Iwayama, Goro Ayukawa, Yui Akiyama, Hiroyuki Mitsui &Hisateru Niki. : Comparison of foot posture and foot muscle morphology between lifesaver athletes and healthy adults, Received 08 Jun 2021, Accepted 30 Oct 2021, Published online: 22 Nov 2021

・Matsumoto M, Maemichi T, Wada M, Niwa Y, Inagaki S, Okunuki T, Ichikawa S, Kumai T.: Ultrasonic Evaluation of the Heel Fat Pad under Weight-Bearing Conditions Using a Polymethylpentene Resin Plate: Part 1, Ultrasound Med Biol.  48(2):358-372, 2022.  doi: 10.1016/j.ultrasmedbio.2021.10.012.

・Takumi Okunuki, Hirohisa Magoshi, Toshihiro Maemichi, Zijian Liu, Hirofumi Tanaka, Masatomo Matsumoto, Takuma Hoshiba, Tsukasa Kumai: The prevalence and effect of the sites of pain in female soccer players with medial shin pain, J Sports Med Phys Fitness, 2022 Mar 25. doi: 10.23736/S0022-4707.22.13655-8.

・松本正知、前道俊宏、熊井司:荷重条件下での超音波計測法の開発.臨床スポーツ医学, vol39 No5:474-479, 2022.

・Matsumoto M, Maemichi T, Wada M, Niwa Y, Inagaki S, Taguchi A, Okunuki T, Tanaka H, Kumai T. Ultrasonic evaluation of the heel fat pad under loading conditions using a polymethylpentene resin plate: part 2. Reliability and agreement study. Ultrasound Med Biol 2023;49(2):460-472. doi: 10.1016/j.ultrasmedbio.2022.09.015.

 

【書籍】

1)関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーション 上肢. 2008:分担執筆

2)関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹. 2008:分担執筆

3)松本正知:骨折・脱臼の理学療法,標準理学療法学 専門分野 骨関節理学療法学,医学書院,24,2012

4)改訂第2版 関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーション 上肢. 2014:分担執筆

5)改訂第2版 関節機能解剖学に基づく 整形外科運動療法ナビゲーション 下肢・体幹.2014:分担執筆

6)骨折の機能解剖学的運動療法-その基礎から臨床まで- 総論・上肢. 2015:単著

7)骨折の機能解剖学的運動療法-その基礎から臨床まで- 体幹・下肢. 2015:単著

8)松本正知:骨折・脱臼の理学療法,標準理学療法学 専門分野 骨関節理学療法学 第2版, 医学書院,p45-75,2021

9)骨折の機能解剖学的運動療法-その基礎から臨床まで- 改訂第2版 総論・上肢. 2022:単著

セミナー情報などを
いち早くお届け!

QRコードで
簡単登録


TOP

TOP

メールマガジンご購読を希望される方は、
メールアドレスを入力し「送信」をクリックしてください。